最新デジタル白内障手術

最新デジタル白内障手術

白内障とは

白内障とは、目の中の水晶体が混濁する病気です。水晶体はカメラではレンズにあたる部分で、正常な水晶体は透明なため光をよく通しますが、さまざまな原因で水晶体中のタンパク質が変性し濁ってくることがあります。
混濁したレンズで撮った写真の写りが悪いように、目のレンズ(水晶体)が混濁すると視力が低下します。これが「白内障」です。

水晶体の濁りは徐々に進行し、一度混濁してしまった水晶体は再び元の透明なものには戻りません。白内障の目薬は濁りの進行を少しでも遅らせるという効き目しかなく、根本的な治療法は、手術しかありません。このため当院では、白内障治療として日帰り手術を行っております。

image

目の中のレンズ(水晶体)が混濁することにより視力が低下して以下のような症状があらわれます。


  • ・かすんで見える、明るい所に出るとまぶしく見えにくい。
  • ・どんなに調整してもメガネが合わない。
  • ・ぼやけて二重、三重に見える。
image

正常な見え方

image

白内障の見え方

白内障の原因

原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に加齢白内障と呼ばれています。
一種の加齢現象ですから、年齢の高い人ほど発症するケースが多くなります。その他の原因として、糖尿病などの内科的な病気や先天的なもの、眼の外傷、アトピー性皮膚炎、薬剤による副作用、その他目の病気(炎症など)による「続発性白内障」があり、比較的若い人の間にも白内障を認めます。

白内障の治療法

水晶体の濁りは徐々に進行し、一度混濁してしまった水晶体は再び元の透明なものには戻りません。
白内障の目薬は濁りの進行を少しでも遅らせるという効き目しかなく、根本的な治療法は、手術しかありません。

アイケアクリニック白内障治療の特長

白内障手術を行っている眼科医院はたくさんありますが、
当院ならではの特長として、次の4つがございます。

01

扱っているレンズの種類が豊富

患者さんのあらゆるニーズに合わせた「見え方」を実現

当院では、20種類以上という豊富な種類の眼内レンズを揃えています。これほどの数を扱っているクリニックはほとんどありません。欧米諸国より、新しく日本に導入された最新の眼内レンズも積極的に採用しています。ひとえに、患者さんが望む「見え方」を実現するために、あらゆるレンズに対応したいと考えているためです。

02

丁寧なカウンセリング

仕事・暮らし・趣味などのライフスタイルをお聞きして最適なレンズをご提案します

白内障と診断されて、いざ手術を決断しても、調べれば調べるほどどんな眼内レンズを選んだらいいか分からなくなってしまった……。そんなお困りの声をよくお聞きします。だからこそ、当院では患者さんの生活において何が重要なのかを詳しくお聞きしております。入念なカウンセリングにより患者さんが叶えたいこと、ご要望をうかがい、多数のレンズの中から最適なレンズをご提案します。当院は選定療養認定施設ですので、選定療養を使用した多焦点眼内レンズの白内障手術にご興味のある方もお気軽にご相談ください。

03

最先端の手術機器で行う高精度の手術

ミスと合併症のリスクを防ぎ、高精度の手術を実現

一連の最先端手術機器は「The Cataract Refractive Suite」と呼ばれ、高度な白内障手術を実現するために、なくてはならないものとなっています。特に、多焦点眼内レンズで白内障手術を行うのであれば、その性能を活かすには欠かせないものです。当院では、LenSxを含む最先端の手術機器一式をそろえることで、精度の高い白内障手術が実現できるようになりました。


image
04

機器を使いこなす医師の技量と実績

多数の実績で機器の扱いに習熟

最新の機器を導入しただけでは、必ずしもその性能を最大限に引き出せるとは限りません。その点、当院ではいち早く最新の機器を導入して実績を積み重ねてきており、機器の扱いは他院に引けを取らないレベルで習熟しております。年間2,000件以上の白内障手術を行っている当院だからこそ、患者さんに最高の治療を提供できると自負しております。

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術

白内障手術で使用する眼内レンズは大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があります。
患者さんのライフスタイルに合わせてレンズをご提案いたします。

単焦点眼内レンズ
image

手元か遠方どちらかにピントが合う

多焦点眼内レンズ
image

手元も遠方もピントが合う

当院の手術費用

白内障手術で使用する眼内レンズは大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があります。
患者さんのライフスタイルに合わせてレンズをご提案いたします。

手術方法 選択可能レンズ 費用(片眼)
選定療養 マニュアル手術

承認多焦点眼内レンズ
(当院採用承認レンズ)

  • ・シナジー
  • ・パンオプティクス
  • ・レストア
  • ・アクティブフォーカス
  • ・テクニスマルチ
  • ・シンフォニー
保険
診療
自費
2焦点・EDOF
110,000〜150,000円
3焦点・連続焦点
190,000〜210,000円
自由診療 レーザー手術

全ての多焦点眼内レンズ
(当院採用未承認レンズ)

  • ・PRECIZON Presbyopic NVA IOL
  • ・Intensity
  • ・Fine Vision Triumf
  • ・Mini Well
  • ・Alsafit
  • ・Ray One Trifocal
  • ・Activa Trinova
  • ・Lentis
  • ・EVOLVE
自費

750,000円

※当院はいかなるレンズでも
費用は変わりません。

当院が採用しているレンズ(承認レンズ)

国内で認可されている多焦点眼内レンズが以下です。手技の制限はありますが、選定療養にも適用可能なレンズとなります。

レンズ外観 Synergy PanOptix Activefocus Tecnis Symfony
名称 Synergy PanOptix Activefocus Tecnis
Multifocal
Symfony
光学部デザイン 連続焦点
回折型
3焦点
回折型
アポタイズ
回折型
2焦点
回折型
エシェレット
回折型
乱視矯正 ×
焦点距離 33cm〜∞ 40cm
60cm
50cm〜∞ 42cm
50cm〜∞
ハロー・グレアの自覚 あり やや少ない 少ない あり あり

当院が採用しているレンズ(未承認レンズ)

日本国内で未承認の眼内レンズです。単に厚生労働省の認可作業が追いついていないことが大きな要因で、性能や安全性についてはすでにヨーロッパやアメリカで証明されておりますのでご安心ください。当院では、世界の医療メーカーが開発して安全が確認されている、最新の眼内レンズを扱っております。こちらは、選定療養の適用外となります。

レンズ外観 PRECIZONPresbyopicNVA IOL Intensity FineVisionTriumf Mini Well Mini Well PROXA Alsafit RayOneTrifocal ActivaTrinova Lentis TRiDIFF EVOLVE
名称 PRECIZON
Presbyopic
NVA IOL
Intensity Fine
Vision
Triumf
Mini Well READY Mini Well PROXA Alsafit Ray One
Trifocal
Activa
Trinova
Lentis TRiDIFF EVOLVE
光学部デザイン 屈折型
累進焦点
(CTF)
5焦点
回折型
3焦点
EDOF
累進焦点 累進焦点 3焦点
回折型
3焦点
回折型
正弦波
回折型
2焦点
分節屈折型
3焦点
回折型
屈折型累進焦点
乱視矯正
焦点距離 50cm〜∞ 40cm
60cm
80cm
133cm
40cm〜∞ 50cm〜∞ 30cm〜∞ 35cm
70cm
~∞
37.5cm
75cm
~∞
40cm
80cm
~∞
40cm
~∞
40cm
70cm
~∞
50cm
~∞
ハロー・グレアの自覚 少ない 少ない 少ない ほぼなし ほぼなし 少ない あり 少ない やや少ない 少ない ほぼなし
生産国 オランダ イスラエル ベルギー イタリア イタリア ドイツ イギリス オランダ ドイツ イギリス イタリア