ICLとは

レンズを眼の中に挿入することで、視力を矯正する治療法です。眼の中にレンズを移植するので、眼内コンタクトレンズとも呼ばれています。

レンズがソフトコンタクトレンズのような柔らかい素材でできていること、いったん目の中にいれたレンズはメンテナンスをする必要がなく長く透明な状態を維持することなどから、「永久コンタクトレンズ」などと呼ぶ人もいます。

ICLは、視力矯正の精度が高く、見え方は市販の眼鏡やコンタクトレンズ、あるいは他の視力矯正法とは格段に違い、見え方の質も高いです。

ICL治療の特徴

①角膜を削らずに治療が可能

レーシックは角膜を削る屈折矯正治療ですが、ICLは元々生まれ持った目の形を変えずに治療できるところが大きな魅力です。
元の状態に戻す場合は、レンズを取り出すだけです。

②メンテナンスが不要

コンタクトを装用している方であれば、洗浄や付け外しなどの手間がありましたが、ICLは一度入れればそのまま入れっぱなしで問題ありません。

③幅広い方に適応する治療

ICLは目の中に入れるレンズの種類が豊富。
角膜が薄い方や強い近視の方などレーシックが適応外の方にはおすすめ。

④両目同時に短時間で手術が可能

目薬の麻酔を行い、両眼同時でも15分で治療が完了します。

⑤IPCL

老眼矯正のICLもあるため、近視、乱視以外にも老眼も同時に治療が可能です。

手術の流れ

目薬タイプの麻酔を点眼して、レンズ挿入のために角膜を3㎜ほど切開をします。
※切開創は3㎜と小さいため、縫合の必要はありません。術後はしばらく抗菌点眼をする必要がありますが、創口はすぐに塞がり自然治癒します。

インジェクターという挿入器を使って、切開した部分から細長く筒状に折りたたんだレンズを挿入します。折りたたまれたレンズは、眼内でゆっくりと自然に広がります。広がったレンズの両端の部分を毛様溝へ入れてレンズを固定します。

同じ手順でもう片方の目にもレンズを挿入します。手術は両眼行う場合でも30~40分程度で完了します。
※術後は、麻酔が切れるまで30分~1時間ほどお休み頂き、術後2時間後検診で経過を確認後、ご帰宅となります。

手術費用

アイケアクリニックの

ICL手術プラン
ICL・IPCL
片眼 400,000
両眼 700,000
ICL・IPCL
トーリック
(乱視用)
片眼 450,000
両眼 800,000

ICL眼内コンタクトレンズとコンタクトレンズのコスト比較

コンタクトレンズとICLを費用面から比較してみましょう。1dayタイプのコンタクトレンズが1か月5,000円と仮定した場合、1年間で60,000円。12年経った時点で、コンタクトレンズにかけた費用がICLの手術費用と同等に並びます。
ICL(眼内コンタクトレンズ)は、治療は1回のみで、入れ替えることが無く永久的に視力を回復することから、コンタクトレンズを長期的に使用する場合に比べると、コストを抑えることができます。

ICL眼内コンタクトレンズとコンタクトレンズのコスト比較 ICL眼内コンタクトレンズとコンタクトレンズのコスト比較
  • コンタクトレンズを1年間使用した場合にかかるコスト60,000円程度=( 1DAYコンタクトレンズ代 2,590円×両目分で5,180円/ 眼科への受診料は含まず)と想定。

よくある質問

Q.手術に痛みはありますか?

麻酔をするので、痛みはありません。麻酔は点眼麻酔だけなので、麻酔をする時の痛みもありません。
手術は麻酔が効いていることを確認しながら進めます。また手術中でも医師とのコミュニケーションが取れますので、ご安心ください。

入院は必要ですか?

手術は全て日帰りとなります。入院せずにその日のうちにご帰宅いただけます。

術後どれくらいで視力が安定しますか?

手術の翌日から1週間くらいで、視力の回復を実感できます。
傷口が塞がって治癒する1~3か月間で視力はほぼ安定します。

手術時間はどのくらいですか?

両眼合わせて30~40分程度です。

異物感を感じることはありますか?

ハードコンタクトレンズの場合はレンズを角膜の上にのせるので異物感がありますが、ICLの場合はレンズを眼内に挿入するので異物感はありません。
ごろごろした感じや目の乾きを感じないので、手術後は快適に過ごせます。

AddOn(アドオン)とは

AddOn(アドオン)とは、すでに白内障手術を受けた目(=すでに眼内レンズが入っている目)に対して、「追加」で専用の眼内レンズを挿入する治療です。

白内障手術によって近視・遠視・乱視の矯正が不十分だった場合でも、AddOnによってさらに矯正することができます。過去の白内障手術で単焦点眼内レンズを入れたが、やはり多焦点眼内レンズにしたいという方にも適しており、AddOnを行うことで、白内障手術後の「近くも遠くもよく見えるようにしたい」「乱視を少なくしたい」といった要望を叶えることができます。

白内障手術の場合、眼内レンズを水晶体の嚢内に挿入しますが、AddOnの手術では水晶体の手前にある毛様溝というところに挿入します。手術時間は短く、片目5~10分程度の手術となります。

AddOnは健康保険の適用外ですので、自由診療となります。

レーシックとは

レーシックとは、眼の表面である角膜をエキシマレーザーで削ることによって近視・遠視・乱視を矯正する手術です。 フラップを作ることで角膜表面のキズが最小限になるので、術後の痛みが少なく、視力の回復が早くなります。

手術方法

  • 麻酔を点眼します

    ベッドに横になり、麻酔を点眼します。

  • フラップを作成します

    フェムトセカンドレーザーでフラップを作成します。照射時間は、片眼約15秒です。

  • フラップをめくります

    フラップをめくります。

  • 角膜を削ります

    エキシマレーザーを照射し、角膜を削ります。照射時間は矯正度数によって変わります。

  • 角膜をきれいに整えます

    フラップを戻して、角膜をきれいに整えます。

  • 10分間休憩を取って終了です

    フラップを自然に定着させます。診察後、回復室で10分間休憩を取って終了です。

最新機器

最高峰の視力矯正手術「iLASIK(アイレーシック)」

当院では、最高峰の視力矯正手術「iLASIK(アイレーシック)」を導入しています。

従来のレーシックは、単に視力検査を基にしたレーザー照射がされていましたが、視力検査では角膜や水晶体の細かい歪みの測定ができないため、それらの矯正はできませんでした。アイレーシックでは、視力検査結果に加え、個々の眼の細かな歪みを精密に解析し、そのデータを基にレーザー照射を実施することで、一人一人に最適なオーダーメイドでの治療が可能です。

メガネやコンタクトレンズでは矯正できない個々の眼の細かな歪み「高次収差」も矯正することで、「見え方」の質にこだわったレーシックがアイレーシックです。

米国国防省とNASAに認められたアイレーシックは、今までレーシックを受けることが認められていなかったパイロットや宇宙飛行士も受けることができる、唯一のレーシックです。

※2006年12月に米国国防省が戦闘機のパイロットに承認
※2007年9月に航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士に承認

高い安全性・高品質の視力回復

米国の臨床試験においてもアイレーシックは安全で有効な視力矯正治療であると確認されています。
近視の治療成績(裸眼視力/米国AMO社 臨床試験/軽度ないし中等度の近視性乱視を対象)にて、92%の患者が術後1ヶ月で1.0以上の視力を回復しました。

患者の満足度(夜間視力/米国AMO社 臨床試験/軽度ないし中等度の近視性乱視を対象)では、術後、夜間視力の満足度が20%高まりました。

眼を解析し、治療プランを作成する機器

当院では、AMO社製の最新機器「iDesign2.0 Refractive Studio」を使用しております。

網膜に光をあて、跳ね返ってきた1,257ヶ所のデータポイントを独自の技術で波面状に表し、低次収差と高次収差を精密に解析します。測定されたデータはフーリエ解析という高度な方法で解析を行い、オリジナルのレーザー照射プログラムを作成します。
※これまでのレーシックではゼルニケ解析という方法を用いていました。

下の図は実際の皆さんの角膜の形状を図式化したものですが、術前検査の段階で、その精度が大幅に異なることが分かります。唯一フーリエ解析を用いているレーシックがアイレーシックなのです。

この照射データは、一人一人に合わせて作られ、2つとして同じものは存在しません。
そのためオーダーメイドの治療と呼ばれております。

フラップの作成

当院では、Alcon社製の「フェムトセカンドレーザー」を使用しております。

従来のレーシックはフラップをマイクロケラトーム(電動メス:金属の刃によってフラップを作成する機器)で作成していましたが、近年はコンピュータ制御されたレーザーでフラップを作るのが主流です。フェムトセカンドレーザーを正確にコンピューター制御することで、厚みが均一で、切断面がなめらかなフラップを作成することができます。これにより、フラップ作成における高次収差が軽減され、術後の見え方がよりクリアになり、夜間のグレア・ハローを低減することができます。

さらに、フラップの縁の切断角度を垂直方向に切り上げることができ、マンホールの蓋(ふた)のようにピタッとはまるフラップが作成できるため、術後、フラップがずれにくく、安定性が非常に高くなります。

屈折・収差の矯正

当院では、AMO社製の「VISX STAR S4IR」を使用しております。

近視・遠視・乱視の矯正と角膜混濁の治療が可能なエキシマレーザー装置です。iDesign2.0で作成した治療プランを用いることで、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を実現します。このレーザー装置には、正確で精密な照射を行うための様々な機能が備わっています。