埼玉県草加市氷川町829

網膜硝子体疾患

1. 網膜硝子体疾患の症状

硝子体疾患は多くありますが、硝子体出血と網膜剥離があります。 どちらも視力の急激な低下が症状として現れます。
とくに網膜剥離は発症してからの期間が長い場合、網膜が全剥離している場合、原因である網膜の破れ(裂孔)が大きい場合は視力が急に低下します。

2. 網膜硝子体疾患の原因

原因としては加齢のため視力にとって最も大切な網膜黄斑部に小さな穴が発生する場合(黄斑円孔)や、黄斑部にシワができる場合(黄斑前膜)があります。

 

網膜硝子体疾患