埼玉県草加市氷川町829

眼瞼下垂

1. 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

眼瞼下垂とは、さまざまな原因により、上眼瞼(うわまぶた)を上へ引き上げる筋肉の力がうまく伝わらず、まぶたが下方に垂れて開けにくくなる状態です。 視界が制限され、無意識に眉毛を引き上げてまぶたを開こうとしたり顎を上げたりするため、頭痛や肩こりを併発することがあります。 当院では、こうした眼瞼下垂の治療として日帰りのレーザー手術を行っています。

2. 眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因は、(1)先天的なもの (2)後天的なもの (3)その他 に分けられます。

(1)先天眼瞼下垂とは、生まれつきまぶたを上げる筋肉(上眼瞼拳筋=じょうがんけんきょきん)の力が弱いため起こるものです。

(2)後天眼瞼下垂で多いケースは、加齢によって瞼(まぶた)を挙げる筋肉の作用が弱くなったり、筋肉の働きを伝える腱膜(挙筋腱膜=きょきんけんまく)が瞼(まぶた)の形を整える瞼板(けんばん)から外れて、筋力が瞼板に充分に伝わらない場合などです。これは高齢者に多くみられます。

(3)その他に、動眼神経麻痺やコンタクトレンズによるもの、外傷や白内障手術や緑内障手術などの内眼手術後に起こるもの、重症筋無力症やホルネル症候群など他の疾患に伴うものなどがあります。

眼瞼下垂の程度

  1. 軽度下垂:上眼瞼縁が瞳孔より上
  2. 中等度下垂:瞳孔中心線より上
  3. 重度下垂:瞳孔中心線より下

眼瞼下垂手術

3.眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療は、炭酸ガスレーザーを用い、弛んでいる筋肉を縫い縮める方法や、余分な皮膚を切除する方法などを組み合わせて行います。

眼瞼下垂