埼玉県草加市氷川町829

眼瞼内反症・睫毛内反症

「眼瞼内反」とは、加齢により下まぶたの筋肉や皮膚が緩むことで、まつげが眼球に当たっている状態のことを言います。また、「睫毛内反症」はまつげが眼球に向かって生えている状態で、乳児期から幼児期に多くみられますが、成人になるまで残ることもあります。
どちらもまつげが角膜に当たると傷ができる、異物感やまぶしさ、目やにが出るなどの症状が現れます。進行すると手術が必要となります。

 

眼瞼内反症・睫毛内反症