埼玉県草加市氷川町829

網膜剥離

1. 網膜剥離とは

網膜に孔ができ、この孔から眼球内の水(液化した硝子体)が網膜の下へ入り込んで、網膜が剥離する病気です。

2. 網膜剥離の症状

剥離した網膜の範囲が狭いうちは、飛蚊症(黒い点や線などが目を動かすと一緒に動いて見える症状)が出る程度で自覚症状はほとんどありません。剥離の範囲が拡大すると、剥離した部分では物が見えなくなり、視野が欠けてしまいます。物を見る中心の部分にあたる黄斑部の網膜が剥離してしまうと、視力も低下してしまいます。また、孔が出来るときに同時に血管が切れてしまうと、出血も併発してしまい、視力低下の原因になってしまいます。

3. 網膜剥離の原因

近視眼に多く、網膜剥離の40~80%を占めています。その他白内障手術や後発白内障に対するレーザー手術の術後、外傷やアトピー性皮膚炎などがあります。年齢は若年者から高齢者まで幅広く認めますが、20歳代と50歳代に特に多くみられます。

4. 網膜剥離の治療方法

剥離した網膜の範囲が狭い場合はレーザー治療(網膜光凝固術)のみで改善することもありますが、手術になる可能性が高い病気です。

角膜疾患